ぷいろぐ

中年オヤジの備忘録ブログ 写真 動画 3Dプリンターetc

GRⅢに新イメージコントロール「ネガフィルム調」来る。

先日RICHOから「GRⅢ Diary Edition」が発表されましたね。

既に発売されている「GRⅢ Street Edition」・「GRⅢX Urban Edition」に続く特別モデルになるようです。

カラーリングが好みでいいなぁと個人的に思います、がさすがにLUMIX S5Ⅱも先日予約してますので購入予定はありません。。。ていうか買えません。。。

 

pui-log.com

 

そしてSpecial Limited Kitとなる本製品は、さらに購入意欲をそそる特別仕様の3つのアクセサリが付属するようです。

・本皮製のフィンガーストラップ

・帆布ケース

・ホットシューカバー(刻印サービス付き)

※詳しくはこちらを参考ください。

news.ricoh-imaging.co.jp

なお、2000台限定とあるのは「Special Limited Kit」のようで、アクセサリーが付属しない単体モデルも2023年春頃に発売予定しているようですね。アクセサリーが付属しない分、幾らかお値段がお求めやすくなっていると考えられます。

 

・ついにイメージコントロール ネガフィルム調が来る

そして本題に入りますが、今回発売される「GRⅢ Diary Edition」には新イメージコントロール【ネガフィルム調】が実装されているようです、そしてもちろん発売中のGRⅢ・GRⅢXにも後日ファームアップで対応予定です。いやぁ、個人的には「とうとう来たか!」と思いました。

というのも、GRにはポジフィルム調というイメージコントロールがあるのですが、こちらが大変評判が良くSNS上でも作例がよく見られます。とくに街中をスナップする時などは凄く嵌まる時が合って私も使用頻度は高いです。

ただ子供とお散歩中にポートレート(って大層なものでもないですが)を撮ったり、そこまでシャープ感がいらないような撮影対象の時に、もうちょっと緩く撮りたいなぁと思う事があり、「ポジフィルム調」があるなら「ネガフィルム調」もあったらいいのにと常々思っていました。 ※緩くないシャープなネガフィルムも勿論あります

なので今回の「ネガフィルム調」は待ちに待った機能追加です、GRの写りは良くも悪くもシャープ過ぎる所があるんですよね、まぁ贅沢な悩みなんですが。。。。

 

・GRは値上がり続けるフィルム代から愛好家を救ってくれるのか

実際の作例がHPに掲載されていたので見てみたのですが、なかなかいい感じです。特に一枚目の猫ちゃんや最後の花の写真などは、私がイメージするポジフィルムぽい仕上がりになっていて好印象です。

www.ricoh-imaging.co.jp

 

実際使ってみて仕上がりを見てみないと分かりませんが、被写体やシチュエーションによって「ポジフィルム」・「ネガフィルム」と仕上がりを変更できるのは非常に楽しみです。

 

話は変わりますが、2023年1月16日からコダックがフィルム価格を20~40%程値上げするようです。36枚撮りのネガフィルムが1本¥3,410ですか。。。

最近は若い人を中心にフィルムカメラの人気が再熱しているとよく聞きますが、フィルム代と現像代、そしてほぼ新品のフィルムカメラが無い事によるカメラ本体の保守などを考えると、こんなにお金掛かる事を若い子達がしてるの?とちょと疑問に思います。

まぁフィルムカメラといっても色々ありますので、もうちょっとラフな物かもしれませんが。。。

そんなフィルム難民達の救世主になり得るファームアップがもうすぐGRに。。。。!

とそんな簡単にはいきませんね、はい。GRはレンズ交換できませんし、フィルムシミュレーションでいえば本家FUJIFILMが既に多く展開済みですものね。

私も実際のフィルムの写りとデジタルシミュレーションはまだ隔たりがあると感じてます。しかし一昔前から比べると随分とフィルムの特徴を捉えた、シミュレーション機能や現像方法が確立されているようにも感じます。

長々と書いてしまいましたが、今回の「ネガフィルム調」を開発・ファームアップしてくださるRICHOさんに感謝して首を長くして待ち、実装されたら純粋に撮影を楽しみたいと思います。

GRⅢX ポジフィルム調  カメラ内現像でネガフィルムっぽくしてみた

 

 


www.youtube.com

※この動画は殆どポジフィルム調をベースに撮ってます。